JLPT

The Japanese-Language Proficiency Test (JLPT) has been offered by the Japan Foundation and Japan Educational Exchanges and Services (formerly Association of International Education, Japan) since 1984 as a reliable means of evaluating and certifying the Japanese proficiency of non-native speakers. At the beginning, there were approximately 7,000 examinees worldwide. In 2011, there were as many as 610,000 examinees around the globe, making JLPT the largest-scale Japanese-language test in the world.

Over time, test applicants have become more diverse, and use of JLPT results has expanded from skill measurement to include employment screening and evaluation for promotions and pay raises as well as use as a form of qualification. Many outstanding suggestions for improvement were also submitted by a wide variety of individuals around the world.

To ensure the continuing relevancy and accuracy of the JLPT, the Japan Foundation and Japan Educational Exchanges and Services introduced a revised version of the test in 2010. This new test takes full advantage of the most advanced research in Japanese pedagogy and testing theory, and reflects the vast wealth of data accumulated since the original JLPT was launched over 25 years ago.

JLPTとは

日本語能力試験( JLPT )は日本で開発された、日本語を母語としない学習者の習熟度を評価する手段として1984年から世界中の国々で提供してきました。初めは全世界で約7000名の受験者があり、2011年には60カ国以上で60万人以上の受験者がありました。次回、アメリカでの能力試験は2015年12月6日の日曜日に行われます。2014年の受験者は、スコアを見るためにこのページのリンクに従ってください。 日本語能力試験の特徴と利点日本語能力試験は日本語の語彙や文法だけでなく実際のコミュニケーションにおける能力があるか確かめる重要な機会です。様々な「日常業務」を行うために言語知識だけでなく実際に使える能力が必要です。そのため日本語能力試験は「言語知識」、「読解」、「聴解」の3つの要素を通じて総合的な日本語コミュニケーション能力を測定します。(最も難しい順からN1 、 N2 、 N3 、 N4 、およびN5  )日本語能力試験は5つのレベルで提供されています。 N4とN5は主に教室内で学ぶ基本的な日本語がどの位理解できるか測ります。N1 とN2は現実の生活の幅広い場面での日本語がどの位理解できるか測ります。N3はN1 、N2とN4 、N5の橋渡しのレベルです。 なぜ日本語能力試験を受ける?日本語能力試験は言語スキルの学力証拠として世界中の日本語学習者と比較することができます。